まちづくりコーポレーション

PAGE TOP

開発事例

老朽化した工場を解体し、新築でドラッグストアの提案

2015.02.15

競争の激しいドラッグストア業界にあって著しい成長を遂げられているサンドラッグ様。
サンドラッグ様ではすでに20年以上前から独自商品の開発に取り組み、
現在、医薬品を中心に約380アイテムを超えているとのこと。
その多くが各商品カテゴリーのトップブランドになっていますが、
今後も商品力の高いプライベートブランド商品の開発を意欲的に進め、生活者のニーズに応えていかれます。

地主様からのご要望

場所は国分寺市と立川市の境目、天神通り。元は食品加工会社でしたが、業務縮小により工場閉鎖になりました。
地主様は居抜きで募集をされておりましが建物の老朽化もひどく、居抜きで出店希望するテナント様がなかなかおられない状況でした。
建て替えるにしても解体費だけでも高額だったため、建物だけ残った状態でオーナー様はお困りの状態でございました。

弊社からの事業提案

そういった経緯からテナント様から敷金と建設協力金をがんばっていただいたとしても、賃料と建物建築コストの収支が合わなければ出店が厳しい状況でした。
そんな中、出店のご意向をいただいたサンドラッグ様と十分協議の上、敷金と建設協力金、
支出となる解体費等の諸費用の査定を行い、収支表を作成しオーナー様へご提案させていただきました。
必要な借入金額が明確化されたことで、数字にお強いオーナー様も
テナント様の業務内容、企業姿勢、収支にご満足されお話が前に進むようになりました。

賃貸後の現在

もともと近隣には業務スーパー、パティスリーイチリン、ウェルパーク、ピーコック等商業店舗が多い立地です。
隣接する立川通りと比べて交通量もそれほど多くないため、自動車でお越しになる方は非常に便利な買い物エリアになったとのお声をいただいております。
特にこちらの店舗は、化粧品等・日常の必要品の売り上げが高い店舗であり、好評をいただいております。

サンドラッグ様のHPはこちら→http://www.sundrug.co.jp/
サンドラッグ様のご出店のご要望はこちら→http://www.machi-corp.jp/contact/
200坪~500坪のロードサイド店舗土地活用の資料請求はこちら→http://www.machi-corp.jp/request/